西原糸店 > 糸店の歴史

糸店の歴史

初代社長を支えたマキおばあちゃん

店2(マキおばあちゃん)

大正6年(1917)、百軒以上が軒を並べ、毎日数百もの行商人が往来していた久留米問屋街
(現・あきない通り)に一軒の商店が誕生しました。
主は、糸・繊維製品の卸売業を営む西原子之吉と妻マキ。
それが、西原糸店の前身「西原商店」です。

店1

久留米絣を中心に、九州の繊維業の中核を担っていた町の発展とともに、商売も進展。
さらに社長夫人だったマキおばあちゃんが天性の商才を発揮し、店はぐんぐん栄えていきました。

昭和14年(1939)、第2次世界大戦が始まり、物が手に入らない時代となりましたが、
戦前からのご縁で糸だけは入手でき、次第に糸の配給所のようになっていきました。

火攻め・水攻めにも屈せず西原糸店として再スタート

昭和20年(1945)、久留米も大空襲を受けます。一面焼け野原となり、当然店も全焼。
それでも商売を辞めることはなく、親戚宅の生き残った木をもらい、移築する形で再び店を構え、
糸・繊維製品の卸売業を再開しました。
それから着実に堅実に商売を続け、昭和26年(1951)には株式会社西原糸店として登記。

しかしその2年後、再び苦難が訪れます。
昭和28年(1953)の西日本水害により1階部分が全浸水。
それでも初代、2代目の必死の努力によって復興、時代の波に揉まれながらも、3代目に引き継ぎ、
看板を守り続けてきました。
そんな過去を忘れることのないよう「火攻め・水攻めに遭い、それでも守り続けたお店」と
代々語り継いでいます。

【2代目 西原 信雄】
店5(2代目)

【3代目 西原 英次】
店6(3代目)

糸店なのに駄菓子屋さん?そのいきさつとは・・・

久留米問屋街で守られてきた店の主は現在4代目。
創業以来80年以上続けてきた卸売の需要は時代と共に低下、かといって近所の方がふらりと何かを買いに
来れるような店でもないため、方向転換の必要性を感じ始めました。
末永くこの地に息づき、地域に愛され、必要とされる店であるためには、どうすればいいだろうか。

まずは一般のお客様向けに、卸売業と並行して小売り業を開始。雑貨、婦人服、そして久留米絣など、
次第に新しいお客様が増え始めます。しかし地域の方にはまだ入りにくいお店だったようです。
そこで平成22年から、店の一角に駄菓子屋さんをオープン。すると、子どもたちはもちろん、その家族まで
毎日のように来て下さるようになり、今ではすっかり地域の皆さんの憩いの場となっています。
「久留米絣においてはオリジナルにもこだわり、久留米絣の日傘やオーダーメイド、リメイクなど、
お客様のご要望にもできる限りお応えしております。

創業100年、5代目若旦那。久留米と糸店の将来を考える

店の再興と並行して、あきない通りの店主たちと一緒に街全体に賑わいを取り戻す試みも続けています。
平成23年からはあきない祭を開催し、商店同士の絆もできてきました。そして平成25年に新社屋も完成しました。
これからも皆様に求められる店であり続けるため、まもなく百年という歴史を大切にしつつ、時代の変化に合わせて街とともに
変化していかなければなりません。
久留米絣と駄菓子、和風とモダン、大人と子ども・・・。
一見アンバランスに思えるものでも、不思議と調和がとれた店、人々が気軽に集える店を目指して、創業百周年を、さらにその次の時代を目指してまいります。